メインイメージ画像

最近注目されている携帯電話やスマートフォンの買取について

皆さんもお使いかと思いますが、買取サービスの中でも、最近、最も注目されているのが、携帯電話、またスマートフォンの買取サービスなのです。この市場は、元々そんなに注目されていませんでした。なぜ、最近注目されているのでしょうか。それは、嘘偽り無く、総務省の方針でSIMフリーが通信キャリアに課せられるようになったからです。

これまでは、通信キャリアのSIMカードと電話の番号、そして端末のバンドル販売が、当たり前だったため、使い古しの携帯の端末を中古市場で販売することは、あまり価値が無かったわけです。

けれども、これからは、各通信キャリアが、SIMフリーの義務化がスタートしたことで、中古の端末を、市場でユーザーが購入しても、自分で調達してきたSIMカードを差し込むことで、自由に使えるようになるわけです。その証拠に、昨今はあらゆる格安スマホ会社が参入してきており、スマートフォン、ガラケーのみでなく、SIMカード限定の販売も行っているわけです。

ユーザーにとっては、とても選択肢も広がり、スマートフォンや携帯端末を安く使えるようになるのは、非常にメリットがあるかも知れません。

でも、端末製造側にとっては、非常に厳しい状況になってきます。なぜなら、中古端末が市場に多くあると、新規開発した携帯端末やスマートフォンが、新規で販売することが難しくなります。エポックメイキングな端末の現状であれば、新規販売してもそれなりの需要があるのでしょうが、マイナーチェンジでは、なかなか価格の落ちた中古品に勝てないという例が発生してくるわけです。

これは、ひいてはグローバルで寡占化が進む端末提供会社が、おいしくなってくるわけです。